毎日がいっぱいいっぱいなアラフォー男子が育児とコンサに奮闘する記録
2014年06月27日 (金) | 編集 |
残念な結果になりましたが・・。まぁ、これが実力と見るか、
短期決戦だから必ずしもそうではないと見るか。
個人的には、地力の差は感じつつも、ピークの持ってき方を
失敗したかなという気もしてます。結果論ですけどね。

既定路線ではあったんでしょうが、監督の退任表明で、
あっけなくザックジャパンは終幕を迎えてしまいました。
この4年間、自分としてはそれなりにワクワクさせてもらったので、
今回の結果を持ってその4年間が否定されるような空気には、
なんとなく違和感を覚えますが、勝負の世界という事を考えると
致し方ないのかもしれませんね。

ただ、力が足りなかったのは、ピッチの中だけではないような気
がします。協会とか、リーグとか、マスコミとか、サポーターとか、
代表を取り巻くいろんな部分を含めて、また一つ壁を越えなければ
いけない時期なのかなぁと。なんか漠然としてて、うまく言えませんけど。

以前も書いたとおり、ワールドカップへの出場が当然のようになって、
代表の勝敗が日常の話題になるなんて、昔を知っていると本当に隔世の
感があります。本当にサッカーはメジャーになったなぁと思いますが、
それが文化として定着している強豪国と比べると、まだ差があるんだろう
なぁとも思います。ワールドカップって、そういう総合力が問われてるんじゃ
なかろうか、と今回しみじみ考えてしまいました。いや、考えすぎなんで
しょうけどねw。

またすぐ新たな4年間が始まるわけで、日本だけでなく、アジア全体が
立ち止まってる暇は無い訳ですが、その前に改めて色んな事をあれこれ
考えてみるのも悪くは無いかなぁと、今回の結果を受けてちょっと思ってます。

何はともあれ、代表の選手には「お疲れ様でした」と言いたいですね。
言われてるほど悪くは無かったとも、この4年間は無駄ではなかったとも思うし。
胸張って帰ってきてもらって、そしてまたロシアに向けて共に戦おう。
とりあえずJだ。
スポンサーサイト