毎日がいっぱいいっぱいなアラフォー男子が育児とコンサに奮闘する記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月07日 (土) | 編集 |
なんだかんだと言いながら、父親業も2年近くなります。
まぁ、まだ2年程度って言われればそのとおりなんですが、
短いながらも、それなりに矜持のようなものがあったりします。

私の場合、一言で言うと「子どもは危険」ということ。
ほっときゃ何するかわからん、ということですね。

そんな考えが基本にある私にとって、見ててドキドキする光景が
あります。
何かと言いますと・・・

道路で子どもと手をつながない

ってやつ。
子どもはよちよち歩いてて、後ろから親がニコニしてついていく
光景は、確かにほほえましいのですが、
子どもって、危険が分からないからどこに行くか分からないと
思うのですよ。道路の向こうに気になるものがあったりとか、
蹴っていた石が道路に飛び出したとか。
ちゃんと分別がつくまでは、手をつないで歩いたほうが安全だと
思うんですけどね。
私がそれを気にするのは、道路や駐車場でそういうお子様にヒヤッと
したことが何度かあったからなんですが、運転する人なら似たような
経験ありませんかね?

今日の昼間もそんな親子を見かけたので、そんなの気にしてんの
我が家だけかしらと思いつつ、でもやっぱ危ないよねと思ってしまう
父親2年生なのでした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。