毎日がいっぱいいっぱいなアラフォー男子が育児とコンサに奮闘する記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月22日 (木) | 編集 |
生まれた日には逢えなかったので、一日置いた昨日、小僧1号と2号が
初対面。まだ何もよく分からない2号に兄貴風を吹かす1号が微笑ましい。
ワシは一人っ子なので、二人の様子を見ていると、正直うらやましいと
思ってしまう。自分の子なんだけどね。
鋼の錬金術師のエドとアルのような兄弟に育ってくれると父ちゃん嬉しいなぁ。
あ、気が早いですか。そうですか

あしくらべ
最初のスキンシップは足の大きさ比べ

病院を出てうちに帰る車の中で、ぶつぶつと「オカアサンガヨカッタナ・・」と
繰り返していた小僧1号。嬉しい反面、お母さんがいなくて寂しいという
気持ちも当然あるようで。夜は2回ほど「ガマンデキナクナッチャッタ・・」
と言いながら大泣きした。まぁ仕方ないと思って泣きたいだけ泣かせてたら、
そのまま疲れて眠ってしまったけど。
でも、予想よりも全然ぐずったりしないので、我が子ながらちょっと感心して
見ていたりする。とりあえず、ギリギリまで我慢してる感じは伝わってくるし。
なんだかんだで成長してるんだなぁ・・。

毎日のリズムが微妙に変わりかけてきているけど、嬉しい変化だし、
親子で慣れていかないとね。
スポンサーサイト
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。