毎日がいっぱいいっぱいなアラフォー男子が育児とコンサに奮闘する記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年03月10日 (木) | 編集 |
コアサポの間では「じゃがほっけ社長」のニックネームで親しまれたHFCの佐々木
社長が今月いっぱいで退任なさることになりました。

「じゃがほっけ」の由来はとあるインタビューでの「ビフテキを欲しがる選手ではなく、ジャガ
イモやほっけを食べてがんばるという選手と一緒に汗を流したいんだ」
という意味の発言
からでしたが、これこそが5段階計画の真髄を表したものでした。
この計画については「役人の作文」、「非拡大再生産」と揶揄する人が内外にいた(いる?)
ようですが、我々サポの多くはこの言葉に共感し、5段階計画路線(いわゆるじゃがほっけ
路線)を支持してきました。それは、最下位という屈辱を味わった後でも変わることはあり
ませんでした。ですから、ようやく先が見え始めた計画半ばでの退任は非常に残念でなりま
せん。もっともっと続けて欲しかったというのが偽らざる気持ちです。コンサ系のブログや
掲示板をいくつか回りましたが、同様の意見が大半のようです。改めてサポに支持された社
長だったんだなぁという事を実感しています。

退任の理由は体調不良ということですが、事実上の倒産状態だったHFCの社長を引き受け
てからの2年間、我々の知らないところで肉体的、精神的に相当の苦労があったんだと思い
ます。そう考えると無理に引き止めることはできません。ゆっくり休んで頂きたいです。
役員間でのいろいろな確執の噂も聞こえてきますが、後任の執行部にはこの2年で得られた
財産を無駄にせず、現路線を引き継いでもらいたいと思います。
新社長についてはまったく未知数ですが、そうしてくれると信じましょう。

とりあえず、本当にお疲れ様でした。誰がなんと言おうと5段階計画は間違っていないと私は
思っています。
「今後はゴール裏から札幌を応援していく」という事なので、そう遠くない将来にJ1復帰の喜
びをスタジアムで共に分かち合う瞬間が来ることを祈っています。
本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。